一歩先を行くためのオペレーショナルエクセレンス

Design, cut, optimize – The Expertise to drive change生地や皮革を扱う自動車のシートや内装品のサプライヤーおよびエアバッグの製造メーカーにとって、生産サイクルの短縮化、製品の多様化、原材料費の高騰、厳しい品質要求は克服すべき課題の一部にすぎません。

プロセスの最適化やパフォーマンス向上への取り組みは必須です。自動車の内装品やシートのサプライヤーは、競争力を維持しつつバリューチェーンの展開を図るため、自動車メーカーに提供できるメリットを長期的な視点に立って明確に示す必要があります。そのため総合設備効率(OEE/ Overall Equipment Effectiveness)を最大化することが重要になっています。OEEを把握することで、経営者はオペレーションの進捗を把握し、改善すべき箇所を特定して迅速に意思決定を行うことができます。

優れたパフォーマンスを実現

自動車業界の裁断システムソリューションの世界トップ企業であるレクトラは、オペレーショナルエクセレンスを追求することがビジネスの成長につながると考えています。過去20年にわたりレクトラは、全世界の自動車部品Tier1サプライヤーとパートナーシップを組み、お客様の製造工程の効率化と長期的な競争力の維持に貢献してきました。

レクトラは、業界のベストプラクティスの知識、革新的な技術とサービスを組み合わせた独自の手法で、お客様と一緒にオペレーショナルエクセレンスの確立を目指してサポートします。

レクトラのノウハウと生地皮革シートを裁断する最先端のソリューションを活用することで、内装品メーカーやエアバッグメーカーは生産効率、品質、そして収益性を最大化することができます。