サプライチェーンに影響を与えるマーケットトレンド

自動車メーカーは、マーケットでの地位を維持するため、さまざまな色、スタイル、モデルの自動車内装品を展開して、顧客が要求するカスタマイズに応える必要があります。またサプライヤーは、自動車メーカーのさまざまな車両向けの製品を製造するだけでなく、OEMメーカーの厳しいコスト、品質、納期の要求に対応しなければいけません。現在、自動車部品サプライヤーにとって、生産性と収益性の最大化に向けた戦略に対応できる生地裁断ソリューションがこれまで以上に必要になっています。

新技術でイノベーションを促進

10年から15年前に市場に登場した裁断ソリューションは、いまだに高い信頼性と生産性を誇っていますが、新たな市場の要求に応えるには、柔軟性とパフォーマンスが不十分です。また年数を重ねるごとにシステムの故障リスクが増大します。システムの故障は、サプライチェーンを破壊すると同時に、サプライヤーの収益性に壊滅的な影響を与えます。

新たな業界標準の登場

レクトラの最新版Vectorソリューションを活用すると、数量の変動やモデル数の増加に効果的に対応できるだけなく、複雑な形状をした多数のパーツを迅速かつ正確に裁断することができます。Automotive upholstery solution, fabric –Lectra

このソリューションはリーン生産方式に対応しており、生産性の維持と高品質なパーツの裁断を実現すると同時に、コストと時間のかかる手直しの回数を削減できるエラー防止システムなどレクトラの革新的なソフトウェアが搭載されています。パーツ間隔が少ない場合でも裁断が可能なため、サプライヤーは生産量を最大化し、歩留まりの最適化を実現することができます。

保守契約を利用すると、リモートサービス、予防保守、レポート、品質管理などのサービスを通してシステムを最大限に活用することが出来ます。独自のコンサルティングサービス、そして幅広いトレーニングオプションと保守契約を組み合わせたオペレーショナルエクセレンスを実現するためのソリューションとして、レクトラはパートナー企業に支持されています。

新登場の生地裁断システムで利益を最大化。レクトラのコンサルティングサービスを活用することで、プロセスの最適化とオペレーショナルエクセレンスを実現。

生産準備からピックアップまでVectorの裁断プロセスの詳細を紹介。

レクトラのコンサルティングを活用して、生産能力を向上させ、運用コストと品質不良を削減したタチエスメキシコの事例を紹介します。

 

生地裁断ソリューションの主な特長:

  • 色分けされたインジケータシステムやリアルタイムの裁断プロセスダッシュボードなどのビジュアル管理機能により、製造工程の各手順を完全に可視化して制御。
  • 最大1分間に6000回の振動速度と6センチまでの積層裁断。
  • エラー防止装置により不正な延反、ブレードの破損、ドリル直径を自動で認識、またダイナミックバキュームコントロールで高圧縮し生地の変形を防止することで、裁断品質を均質化。 
  • 組み込まれた独自のインテリジェンスにより、最大98%の稼働率を実現。