皮革への要求の変化に対応

顧客が要求する皮革製の内装品やシートのデザインの高度化、皮革価格の上昇などにより、OEMメーカーと皮革パーツのサプライヤー間の関係は複雑になっています。サプライヤーにとって、OEMメーカーの厳しい期待に応えながらバリューチェーンを展開するには変化が必要です。従来のプレス裁断と比較して、自動裁断ソリューションのメリットの一部として、ワークフローの効率化、製造データの可視化、および品質を維持しつつ皮革の使用を最適化できることが挙げられます。

すべての工程の効率化を促進Automotive leather upholstery

傷の特定から型入れや裁断まで、レクトラのVersalisAutoは、製造に関する正確な情報を可視化して、皮革裁断サイクルの各ステージの効率化を実現するために開発されました。パーツのサプライヤーは、Versalisに付属する裁断準備システムを利用して、競争力と収益性を考慮した価格設定で、見積もり依頼に迅速に対応することができます。

自動型入れソフトウェアは高精度なスキャンと裁断ツールを組み合わせることで、プレス裁断と比較して皮革の使用を最大7%節約することができます。また進化した自動コンベアのワークフローの効率化に伴い、生産能力の向上だけでなく、サプライヤーは顧客が依頼する製品を最高品質で提供することができます。

新登場の皮革裁断システムで利益を最大化。レクトラのコンサルティングサービスを活用することで、プロセスの最適化とオペレーショナルエクセレンスを実現。

ダッソー・ファルコン・ジェット社が、レクトラのDesignConcept® 3Dプロトタイプ作成ソフトウェアとVersalis®デジタル皮革裁断ソルーションを活用して、どのようにエンド・ツー・エンドのプロセスをデジタル化したのかをご紹介します。

柔軟性の高いデジタル皮革裁断ソリューションであるVersalis、そしてレクトラのグローバルなサポート体制により、マストロットグループは大陸をまたいだ成長に取り組んでいます。

Insights from three of the presenters at this year’s Go Digital VIP automotive leather event : Ronan Noizet from research institute IHS ; New Espace Program Director Gerard Payen from Renault, and international leather expert David Peters. 

VERSALISの主な特長:

  • 強力な生産シミュレーションとコスト管理プログラムが統合されたソフトウェアにより、製造コストの予測、皮革の消費量の確認、そして費用対効果の高い皮革サプライヤーの決定が可能。
  • 最新の技術と保守契約に含まれる予防保守メンテナンス、レポート、品質管理分析を組み合わせることで生産停止のリスクを削減。
  • 品質、消費量、および生産性が分かる個別の生産性分析レポートによって全工程を可視化。